読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。ミケのInstagramはじめました(@haruka.mike)!

ねこレポート29「大阪・小さなお庭と猫の図書館」

ブログを開始して、1年を迎えました!

かなりマイペースな「ねこレポート」にもかかわらず、読んでくれてたみなさんどうもありがとうにゃ。

これからもいろんな猫さんに出会って、レポートしていくよ。

2年目もどうぞよろしくお願いします。

 

今回は、大阪の淀屋橋にある「小さなお庭と猫の図書館」を紹介するにゃ。

SAVVYの「モフモフ動物」特集に掲載されていて、どうやら「猫司書さん」がいるそう。

開館して2年以上経過しているにもかかわらず、初めて知った場所です。

f:id:mikerepo:20170328175229j:plain

同居人は活字が大好きで、幼少時代から図書館によく行っていたそう。

そんな「図書館」×「猫」とはどのような場所なのか!?

司書猫さんの出勤状況は、フェイスブックツイッターで確認してね。

 

【場所】

〒541-0045 大阪市中央区道修町4-7-11DHB4階

京阪電車淀屋橋」駅より徒歩約5分。

大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋」駅より徒歩約5分。

大阪市営地下鉄四つ橋線肥後橋」駅より徒歩約8分。

※開館は、火・水・木・金の平日のみとなっています。

 

【概観】

淀屋橋という立地上、周囲はオフィスビルが建ち並んでいるよ。

猫カフェ」ではなく、「図書館」というコンセプトが淀屋橋という街にマッチしているにゃ。

f:id:mikerepo:20170328175237j:plain

ビルの入り口に小さく看板が出ているよ。

エレベーターで4階まで行こう!

 

【4階フロア】

f:id:mikerepo:20170328175233j:plain

エレベーターを降りると、「小さなお庭」が迎えてくれるにゃ。

都会の中のオアシスのように、可愛らしい草花が彩りを添えてくれるね。

f:id:mikerepo:20170328175236j:plain

何だかほっこりする手書きの案内板。

f:id:mikerepo:20170328175234j:plain

4階には、立派なお茶室やシェアスペースなどがあったよ。

イベントなどで使用されているそう。

猫好きの人たちで集まる「猫のお茶会」とか開催してほしいにゃ~。

f:id:mikerepo:20170328175235j:plain

もちろん、猫に関する書籍もたくさん!!

f:id:mikerepo:20170328175232j:plain

そして、5階へはこちらの螺旋階段を上って・・・造りがおしゃれだにゃ~。

 

【5階フロア】

自由に席を選んで、座ります。

図書館らしく全体的にものが少なく、スッキリと整理整頓されているよ。

f:id:mikerepo:20170328175217j:plain

勉強や仕事がしやすいように、机と椅子のスペース。

会社のミーティングなんか、ここでできたら最高!

f:id:mikerepo:20170328175216j:plain

こちらは一人の時間をゆったりと過ごしたり、作業に集中したい人向けのスペース。

座ったときに視界に入る部分には本がなく、これはさり気なく考えられたデザインではないかと思ったにゃ。

目の前に情報が多いと、目が疲れてしまうし、集中しにくいしね。

その他、ソファ席もあったよ。

f:id:mikerepo:20170328175231j:plain

窓からの景色。淀屋橋にいることを忘れてしまうかのような、時間の流れがこの図書館では違っています。

f:id:mikerepo:20170328175223j:plain

ちなみにお手洗いが広くて、清潔感があってリラックスできるスペースになってるよ。

 

【コース選択】

「2時間コース/ワンドリンク付(500円)」をオーダー☆

料金は前払い制になってるにゃ。

その他のコースは、「5時間コース/2ドリンク付(1000円)」と「フリーコース/フリードリンク(1500円)」があるよ。

f:id:mikerepo:20170328175215j:plain

こちらの湯呑みは、司書猫シュレ君をイメージして作られているよう。

こういうところにオーナーさんのこだわりが感じられて、嬉しくなるにゃ。

f:id:mikerepo:20170328175238j:plain

ポイントカードも発行されるよ(写真左)

10回の利用で、500円券として利用可能です。

 

【司書猫さん】

f:id:mikerepo:20170328175225j:plain

ラグドールのシュレ君(3歳)

キャットタワーの上で寝ているかと思えば、しっかり新参者の同居人を観察。

確かにシュレ君、モフモフ・・・そしてなかなかのビッグサイズ。

f:id:mikerepo:20170328175226j:plain

落ち着いた色合いのブルーの瞳が聡明に見えるにゃ。

f:id:mikerepo:20170328175227j:plain

ねずみのおもちゃがたくさんあったので、試しにシュレ君にちらつかせてみる同居人。

まったりしているので反応はイマイチかなと思っていたら、前足ですぐに狩られてしまったにゃ。

ねずみさんが好きなのかな。

f:id:mikerepo:20170328175219j:plain

②ロシアンブルーのヴィト君(9歳)

同じく昼下がり、まどろみ中。

同居人はヴィト君に人差し指を差し出して、ご挨拶。

匂いを覚えてくれるかにゃ?

f:id:mikerepo:20170328175218j:plain

「ペロリ」美味しそうな匂いでもしたのかな?

ヴィト君を撫でてみると、「にゃ~」と鳴いて・・・

f:id:mikerepo:20170328175221j:plain

こんな感じになりました・・・

f:id:mikerepo:20170328175220j:plain

「ちこうよれ」と仰っているかのようなヴィト君。

お顔はシュっとして小さいのに、お腹はまさにモフモフ、そしてむっちり。

顔をこのモフモフにうずめたくなる衝動をぐぐっとこらえる同居人。

f:id:mikerepo:20170328175230j:plain

前足はきちんと揃えてお行儀よく。でも、後ろ足は自由に全開!

この強弱加減がたまりません!

f:id:mikerepo:20170328175228j:plain

お休みなさい・・・Zzzz~

f:id:mikerepo:20170328175224j:plain

③マルちゃん

ホリデー司書猫ということで、普段は図書館にはいないようです。

司書猫見習いらしく、平日デビューが楽しみだにゃ。

 

【お店の特徴】

①まず、何と言っても2時間ワンドリンク付で500円という安さに驚愕だったにゃ。ちょっとお茶しようかな、ぐらいの気軽な感覚で利用できる素晴らしさ。

②女性のオーナーさんがお一人で対応されていたんだけど、ふんわりとした雰囲気の方で和みます。常に図書館にいらっしゃるわけではなく、ドリンクを提供したあとはバックヤードへ。裏方や「黒子」という感じで、「利用者にほっと一息ついてほしい」という配慮が感じられたよ。このあたりも「図書館」らしいね。

③こちらの図書館、wi-fiが無料で使えます。PCなども持込OKのよう。実際に図書館兼自習室ということで、仕事場としての利用も。そこで同居人が感じたのが、1日この図書館で過ごすと猫の1日の様子を実感することができるだろうなぁということ。「猫って昼間何しているの?」「寝てるとき、どんな感じ?」とか同居人もミケと暮らすまではわからないことだらけだったらしいよ。これから猫と暮らそうかなと思っている人には、時間フリーのコースがお得でお勧め。ただ、フードメニューはなさそうなので、長時間の滞在を考えると軽食やお菓子などがあればもっと過ごしやすくなりそうだね。

 

「猫のいる仕事場」に憧れをもっている同居人。

自宅でも、なぜかミケと暮らすようになってからの方が仕事がはかどっているらしい。

一人だと根をつめてしまうところも、猫がいれば寝顔を見て「ちょっと休憩しよう」と自然にブレイクタイムへ。

これがきっといい効果を生んでいるに違いにゃい!