読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。ミケのInstagramはじめました(@haruka.mike)!

ねこレポート26「京都・梅宮大社のねこ1」

前回に引き続き、京都の猫をレポート!

今回は、京都市右京区にある「梅宮大社(うめのみやたいしゃ)」の猫たちを紹介するにゃ。

www.umenomiya.or.jp

もちろん猫のいる神社として有名なんだけど、こちらの神苑は1年をとおして訪れた人を楽しませてくれるよ(料金は550円)。

神苑の敷地はとても広く、見応えがあります。

ちなみに同居人、最初は神社に猫がいることを知らず、こちらの神苑に何度か足を運んでいたよ。

ドラマの撮影と思われるシチュエーションにも遭遇。

ぜひ猫だけでなく、神苑で四季折々の草花をゆっくりと堪能してほしいにゃ。

特につつじがトンネルのように咲いていて、撮影するのにお勧め。

 

【場所】

〒615-0921 京都市右京区梅津フケノ川町30

京都市バス「梅ノ宮神宮前」下車。徒歩約2分。

阪急電車嵐山線松尾大社」下車。徒歩約15分。

③駐車場があるため、車でのアクセスも可能です。

 ※前回お伝えした西院からはバス1本で行くことができ、便利ですよ~。

 

【入口】

f:id:mikerepo:20170311180019j:plain

周囲は住宅が建ち並んでいます。ここまで来たら、すぐそこです!

 

【毎回出会う猫】

 まず社務所に行ってみると・・・います。

f:id:mikerepo:20170311180007j:plain

f:id:mikerepo:20170311180020j:plain

いつ行ってもこの場所にいる猫さん。こちらが定位置のよう。

一番目につく場所にいることもあってか、人にも慣れてます。

f:id:mikerepo:20170311180014j:plain

「どやっ」って感じで、貫禄さえ感じさせる猫さん。

 

【その他の猫たち】

他にも猫はたくさんいて、実際には何匹いるのかは不明ですが、首輪をつけているのが神社の猫さんのようです(おそらく10匹以上)。

梅宮大社には、猫好きの方が何人か訪れ、各々猫との時間をゆったりと過ごしているのが印象的でした。

f:id:mikerepo:20170311180021j:plain

サビ猫さん。子どもに撫でられても、大人しくしていて人が好きみたいです。

尻尾の付け根が気持ちよいのか、トントンされると腰が上がるにゃ。

f:id:mikerepo:20170311180024j:plain

同じ猫さん。神社の建物と毛色が似ているので、一瞬見落としそうになるけど、このような神聖な場所に鎮座してます。妙にしっくりくる。

f:id:mikerepo:20170311180017j:plain

こちらは、なかなか大きな猫さん。悠々と神社の中を闊歩中~。

f:id:mikerepo:20170311180012j:plain

同じ猫さん。透き通ったブルーの瞳が印象的。

f:id:mikerepo:20170311180027j:plain

2匹の白猫。仲良くご挨拶。とても似ているけど、右の猫さんはしっぽがくるんっとなっているよ。人懐っこいにゃ。

f:id:mikerepo:20170311180009j:plain

ライオンのような立派な長毛の猫さん。カッコイイにゃ~。

f:id:mikerepo:20170311180010j:plain

同じ猫さん。神苑の中を優雅に散歩中でした。後ろから見ても、もふもふです。

 

【猫のお守り】

f:id:mikerepo:20170311180018j:plain

 神社では、猫のお守りも購入することができるよ(購入時500)。

色はピンクとブルーの2色。

こちら以外にも、バリエーションありです。

ミケは鈴の音が苦手だから、同居人が災害用の持ち出しリュックにつけてくれてるにゃ。何となく、守られているような安心感。

 

【注意事項】

 近年の猫ブームで、「猫寺」の存在もまた人気を博しています。

しかし、神社には他の参拝客の方がいらっしゃることやマナーなどを忘れずに過ごしたいもの。

猫たちに対しても、過剰な接触は禁物です!

もちろんエサやりもね。梅宮大社の猫さんちはみな体格がよいので、十分なご飯をもらっているんだなーというのが一目でわかります。

最近はカメラもブームですが、こちらも猫にとってストレスにならないよう注意をしたいものだね。

猫も人も気持ちよく、適度な距離感が大事だにゃ。

梅宮大社では、「猫たちが自由に安心して神社で過ごすことができる」

こんな光景がいつまでも続いてほしいなぁと思います。

 

次回も「梅宮大社のねこ」をお届けします!