読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。ミケのInstagramはじめました(@haruka.mike)!

ねこレポート22「大阪・カフェ ウリエル」

年の瀬。ミケは、お仕事がお休み中の同居人とのんびり過ごす日々。

 

今年最後のねこレポートは、同居人がずっと行きたいと思っていた「カフェ ウリエル」を紹介するにゃ。

こちらは、保護猫カフェになっていて、気に入った猫さんがいた場合は譲渡もありえるそう。

詳しくは、ツイッターをどうぞ。

 

【場所】
大阪府北区 曽根崎新地1-7-27 コトヤビル 5F

JR東西線北新地駅」から徒歩5分。

大阪駅からは、徒歩15分程度。

 

【お店のドア】

猫とはあまり縁のなさそうな、飲食店のビルが建ち並ぶ北新地。

そんな場所に、カフェ ウリエルはひっそりとあります。

ビルの前に看板が出ているので、すぐにわかるよ。

そして、いざビルの5階へ。

f:id:mikerepo:20161230201757j:plain

お店の中が見えないので、ドキドキしながらドアを開けるにゃ。

 

【店内の雰囲気】

ドアの開けると、猫たちが出ていかないように更にドアが。

ここで靴を脱いで、スリッパに履き替えるよ。

店内は非常にコンパクト!(大人が4人いるとちょっと圧迫感があるくらい)。

狭いスペースながら、キャットタワーのように猫が上の方に行ける工夫が所々にされています。

全体的にアンティークっぽい雰囲気で、トランク型の収納チェストなんかがあったよ。

チェストの中には、たくさんのおもちゃが入っていて、自由に使って猫たちと遊ぶことができるにゃ。

 

【看板猫さん】

f:id:mikerepo:20161230201755j:plain

ウリエル君(1歳)。

賑やかに遊ぶ子猫たちをよそに、ベッドにお布団を敷いてお休み中Zzzz~

ウリエル君は小猫症(ドワーフキャット)という珍しい病気のようで、子猫のようなサイズです。

しかし、お店の真ん中にいるウリエル君からは大きなパワーを感じたよ。

 

【猫さんたち】

f:id:mikerepo:20161230201750j:plain

ウリエル君(うりマスター)以外の猫さんたちは、保護猫です。

ほとんどが子猫で、元気に遊びまわっていたよ。

新しいお家が決まると、カフェ ウリエルからは卒業。

なので、どんな猫さんに出会えるかはご縁次第なのにゃ。

 

【コース選択】

平日限定の「入場料+ランチ込み1500円(60分制限)」を注文!

f:id:mikerepo:20161230201753j:plain

本日のメインはお肉だったせいか、猫たちもやって来ず。

その前に、おやつのささみをもらったせいかもしれないが(羨ましいにゃ)。

 

【猫たち】

看板猫のウリエル君をはじめとし、ここの猫さんたちは、天使に由来する名前をもらっているよう。

首輪にも、小さな天使の羽根がついてるにゃ。

f:id:mikerepo:20161230201748j:plain

うるうるした瞳がキュートのサキちゃん。

f:id:mikerepo:20161230201754j:plain

年長のシエル君。最初は上の方にいて、徐々に近寄って来てくれたよ。

f:id:mikerepo:20161230201751j:plain

セレ君とルナ君。二匹仲良し。二匹が同化しすぎて、しばらく一匹だと思っていた同居人・・・。

f:id:mikerepo:20161230201752j:plain

存在感のある黒猫ラビちゃん。

f:id:mikerepo:20161230201749j:plain

人懐っこいイオちゃん。

f:id:mikerepo:20161230201747j:plain

元気いっぱいのアリちゃん。猫じゃらしで、たくさん遊んだよ。

f:id:mikerepo:20161230201756j:plain

そして、ちょうど新しい猫さんがカフェ ウリエルに到着。

ケージの中から出てきた新入りさん、物怖じせずに店内を探索してるにゃ。

カメラ目線もばっちりで、大物感が漂ってます。

 

【まとめ】

最初は店内が狭いことに戸惑っていた同居人。

けれど、その分猫さんたちとの距離も自然と近くなるのが嬉しいところ。

お店のオーナーさんも気さくな方でしたよ。

60分だと少し短く感じたので、今度はもう少しゆっくりと過ごしたいところ。

続々と保護猫さんたちが卒業されているみたいなので、次回はどんな猫さんたちに出会えるか楽しみです。

 

「新しく猫を迎えたい!」と思っている方も、一度保護猫を検討してみてほしいにゃ。