ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。ミケのInstagramはじめました(@haruka.mike)!

ちょっと寄り道「京都・七條甘春堂本店」

GWも最終日。京都は観光客で賑わっているにゃ。

和菓子が大好きな同居人。

以前から興味のあった和菓子作りの体験に行ってきたよ。

今回、お邪魔したのは「七條甘春堂本店」。

 

【場所】

京都市東山区七条通本町東入西の門町五五一番地。

七条大橋を東に歩くと、手前に販売の店舗があるよ。

和菓子体験教室へは、ここを通り過ぎてさらに東へ。

f:id:mikerepo:20160505154906j:plain

「七條甘春堂本店」の看板が見えます。

 

【注意!!】

東山エリアには「七條甘春堂」の他に、「甘春堂」があるよ。

実は「甘春堂」が本家で、「七條甘春堂」は先代(六代目)が独立したお店です。

全く別のお店なので、間違わないように注意してね。

ちなみに、「甘春堂東店」も和菓子教室を開催しています。

 

【和菓子体験教室】

詳しくは、HPをどうぞ。

要予約。土日などは混んでいるようなので、早めがベター。

1時間で生菓子4点を作ります。

今回は、季節に合わせて「さつき」と「つつじ」、そして「ちどり」の3種類だったよ。

f:id:mikerepo:20160505154903j:plain

最初に、作り方の説明・実演。

餡子を手のひらで回して包む作業がもっとも難しく、速すぎて見えなかったにゃ!?

(さすが職人さん・・・)

そして、いざ作ってみるとなかなか難しい。

一番簡単だったのは、緑色の「つつじ」。

f:id:mikerepo:20160505154904j:plain

丸めた餡子に、裏漉しして細かくなった緑をお箸で載せていきます。

つつじの色合いを出すため、ピンクを奇数個あしらって完成。

f:id:mikerepo:20160505154905j:plain

真ん中の黄色が「ちどり」。

簡単なかたちをしているだけに、上手下手がハッキリと出てしまう・・・。

ちなみに、千鳥の目はゴマだよ。

お店では2点作った「さつき」をお抹茶とともにいただいたにゃ。

ちょっとかたちはいびつだけど、妙に愛着もあり、美味しかったです。

残りの3点はお土産として、お持ち帰り。

 

f:id:mikerepo:20160505154907j:plain

気軽にお家で和菓子をいただくときのスタイル。

猫型の和菓子皿に、湯のみサイズの抹茶碗には阿蘇茶を。

どちらも茶道具を扱う「青峰堂さん」で購入したよ。

猫をモチーフとした茶杓や棗などの茶道具や、和雑貨がたくさん。

 

明日からGW明けで、お仕事開始の同居人。

ときには、和菓子でほっこり。ほどよい甘さに、今の季節を愉しむ時間。