ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。

ねこレポート13「京都・ライト商会」

今夜は、同居人がもっとも訪れている看板猫さんのいるお店を紹介するにゃ。

京都の三条界隈にある「ライト商会さん」です。

 

【場所】

京都市中京区寺町三条下ル一筋目東入ル。

非常に立地がよいのに、素通りしそうな場所なので注意。

新京極通りと寺町通りの間にあるよ。

路地裏風情で、ちょっと怪しげな雰囲気が漂いつつ看板が出てます。

 

【開店時間】

12時オープンだけど、けっこうアバウト。

店員さんのお仕事は、看板猫さんのお世話からスタートするよう。

12時半には開いていることが多いよ。

 

【店内】

f:id:mikerepo:20160429164150j:plain

アンティークの家具や雑貨などがたくさん。商品のようで、値段札がかかってます。

ちなみに店員さんの服装が店内にマッチしていて、なかなか素敵。

f:id:mikerepo:20160429152738j:plain

 

【注文】

f:id:mikerepo:20160429152741j:plain

あんトースト・ドリンク付(800円)☆ホットカフェオレ

 

【看板猫さん】

f:id:mikerepo:20160429152739j:plain

二代目看板猫梅子ちゃん。

先代猫が旅立ったあと、オーナーさんがお店の前で瀕死状態で遭遇したのがはじまりだそう。

お店の奥に、梅子ちゃんの住居エリアがあるよ。

お客さんがやって来ると、店内の巡回を開始。

足元でスリスリしたり、ジャンプして膝の上に乗ってきたり、一緒に遊んだりと接客上手な看板猫さん。

f:id:mikerepo:20160429144250j:plain

店内どこで撮影しても絵になる上、しっかりカメラ目線をくれる梅子ちゃん。

f:id:mikerepo:20160429152737j:plain

爪とぎ中。

 

【まとめ】

初めてライト商会のドアに手を伸ばすとき、ちょっとした勇気がいるかも。

いざそのドアを開けてみると、異世界空間が広がる。

そして慣れてきた頃、看板猫がご挨拶にやって来るよ。

土日は混んでいて、待つこともしばしばの人気店。

オープン直後は空いているので、梅子ちゃんと遊びたい人にはお勧め。

f:id:mikerepo:20160429161242j:plain

 お店の前のショーウィンドウ。

こんな魅力的な場所に住めるなんて、羨ましいにゃ。