ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。

ねこレポート21「京都・キャットアパートメントコーヒー」

気温がぐっと下がって、朝夕は寒さを感じるようになってきました。

ミケも冬支度。同居人がいつものベッドに毛布を敷いてくれたにゃ。

夏が苦手で、冬が好きなミケにとっては過ごしやすい季節です。

食欲も運動量もアップ!

 

さて。今日は、初めて「猫カフェ」のレポートをしますよー。

最近の「猫カフェ」は、お店によってコンセプトが大きく違っているのが特徴★

譲渡も行なっている保護猫カフェだったり、純血が多い猫カフェだったり、一緒にお昼寝できちゃう猫カフェだったり。

自分の好みのお店を選ぶ楽しみがあるにゃ。

 

そんな数ある猫カフェの中、今回は京都市内は清明神社の近くにある「キャットアパートメントコーヒー」さんを紹介します。

ツイッターはこちら。日々の猫たちの様子を見ることができるよ。

 

【場所】

京都市上京区一条通り大宮東入る下石橋南半町54-1

京都市営バス「一条戻橋 晴明神社前」より徒歩3分。

お店の入り口が一条通りに面しています。

 

【概観】

f:id:mikerepo:20161009170726j:plain

築100年の京町家を改造した建物。猫マークの行灯が目印だよ。

f:id:mikerepo:20161009170728j:plain

入り口は狭い京町家の特徴そのもの。

奥へと続く路地がワクワク感を高めてくれるにゃ。

玄関で靴を脱いで上がります。

 

まずは1階の紹介から!カフェ&猫雑貨スペースになってるよ。

珍しい猫雑貨が置いてあるので、気になる人は雑貨だけ見るのもOKだそう。

【注文】

f:id:mikerepo:20161009170727j:plain

自家製ベイクドチーズケーキセット(900円)

お店の名前にも入っているので、コーヒーを注文。

甘めフレーバーにしたところ、かなり甘かった・・・そして量は少なめです。

ドリンクは、ソーダやソフトドリンクもあるので、コーヒーやカフェインNGな人も安心だよ。

フードメニューはこのチーズケーキのみなので、お腹が空きそうな場合は腹ごしらえしてから行くのがおススメ。

【店内】

壁の一面が大きなガラス張りになっていて、猫がその場所に2階から下りて来られるような作りになってたよ。

しかし、残念ながらこの日は猫たちには出会えず。

 

そして、2階が猫カフェスペースです!

猫カフェ利用方法】

①1階で受付をする。

猫カフェ利用のルールを読む。

※ルールは猫カフェによって異なるので、よく読んでね!

③メニューを選択する。

猫カフェ利用のみと、ドリンク・スイーツパックがあり。

f:id:mikerepo:20161011203915j:plain

④時間制になっていて、腕に終了時間が書かれたバンドを巻いてもらう。

⑤2階に上がる。

※階段がの幅が狭いので、注意して上ってね!!

⑥スタッフさんに荷物を預ける。

⑦手を洗う。

f:id:mikerepo:20161009170732j:plain

⑧手の消毒。

⑨座席指定はなく、思い思いの場所でくつろいだり、猫を眺めます。

※店内には、マンガや雑誌などもありました。

 写真撮影はOKですよ(フラッシュNG)。

⑩終了の声かけはないため、自分でスタッフさんに申請します。

⑪1階の受付で、料金の支払い。

 

【猫たち】

総勢13匹の猫たちが入れ替わり、この猫カフェスペースにやって来るよ。

ここには、純血やMIXなどいろんな猫たちがいます。

同居人が昼過ぎに行ったこともあり、多くの猫がお昼寝中Zzzzz~

一部の猫たちを紹介するにゃ。

f:id:mikerepo:20161011203913j:plain

ロシアンブルーのロイくん。

何と!背中の上に乗ってくれるという特技があるにゃ。

スタッフさんにお願いすると、乗せてくれます。

とても大人しく、温かいぬくもりを感じます・・・

って、ミケさえも同居人の背中に乗ったことないのに。

これを浮気と言わずして、何と言う(ミケの心の叫び)。

f:id:mikerepo:20161009170731j:plain

気を取り直して、次へ!

この場所からほとんど動かなかった&寝ていたココちゃん(ペルシャ)。

ちょっと目つきが恐い・・・のは、きっと気のせいにゃ。

f:id:mikerepo:20161009170740j:plain

ビッグサイズのルチカちゃん(メインクーン)。

猫ステップにも軽々ジャンプ!!してたよ。

そしてなぜか挙動不審な動きで、写真がブレてしまう・・・

f:id:mikerepo:20161009170730j:plain

写真ではわかりづらいですが、オッドアイの白玉ちゃん。

元々白いのに、背後に光を背負って、さらに輝きを増す。

少しの時間登場して、ポージングすると控え室に戻っていきました。

まさに、女優のような猫。

f:id:mikerepo:20161009170733j:plain

そして、呼んだら一度戻ってきてくれましたよ~。

ファンの声援に応えるのも女優の鏡。

f:id:mikerepo:20161009170729j:plainペコラちゃん(セルカークレックス)にちょっかいを出すラテくん(シャムMIX)。

かまってほしいのかな?スタッフさんにもアピールしてたにゃ。

f:id:mikerepo:20161009170735j:plain

仲良くしているように見えて・・・

ケンカへと発展する2匹(ラテくん&ルチカちゃん)。

f:id:mikerepo:20161009170738j:plain

そんなことには、我関せず。

キャットタワーの頂上でまったりのフィオちゃん(ラグドール)。

 

猫カフェの雰囲気】

室内は広すぎず狭すぎず、ちょうどよいサイズだったよ。

完全なる和ではなく、7割が洋風テイスト。

落ち着いたシンプルなトーンでまとまっていました。

ドリンクはメイソンジャーのようにボトルにフタ付なので、猫の毛が入らず衛生的。

お客さんは、10人以下で全員女性だったにゃ。

静かに、猫と過ごしている人が多かったよ。

一人や男性も行きやすい雰囲気ありです。

 

【まとめ】

ほっこり京町家で猫たちと過ごす時間。あっと言う間の1時間・・・。

お店のルールで猫にさわることはできないので、少し距離はあるけどそれが猫たちへの思いやりかにゃ?

 

 

ねこレポート20「元町・CAFE Montana」

みなさん、お久しぶりにゃ。ミケです。

最終レポートから早3ヶ月・・・季節はすっかり秋。

ブログをときどき見に来てくれて、ありがとう^^

これからものんびりペースでのレポートになりそうだけど、よろしくお願いしますにゃー。

 

今日は、兵庫県の元町にある「CAFE Montana」さんを紹介していきます。

お店の公式HPはFacebookまで。

こちらのお店には、看板猫を務めて10年のむっく君がいるよ。

 

【場所】

兵庫県神戸市中央区栄町通4-1-2

神戸市営地下鉄みなと元町駅。2番出口から徒歩すぐ。

JR元町駅・阪急花隈駅からも徒歩10分以内。

 

【店内】

開店すぐの11時にお邪魔したら、すぐにむっく君が出迎えてくれたよ。

f:id:mikerepo:20160922165201j:plain

どうやら朝ごはん待ちのようで、ずっと催促のニャーをしてたよ。

きっと同居人がもう少し遅く着いていれば、先にごはんをもらえたハズ。

ごめんよ、むっく君。

 

【注文】

f:id:mikerepo:20160922165200j:plain

本日のランチ(900円)

プチデザートのシフォンケーキとドリンクがセット★

同居人が食事をしている最中、むっく君はごはんをもらい、店長さんからブラッシングされ・・・と目が離せない。

店長さんとむっく君は見ていてすごく仲がよく、素敵な関係だったにゃ。

 

【看板猫さん】

f:id:mikerepo:20160922165204j:plain

むっく君(10歳)

雑誌「ねこ」の「神戸のねこ」にも登場しているよ。

グリーンの瞳が印象的な、なかなかのイケにゃん☆

f:id:mikerepo:20160922165203j:plain

普段、むっく君は2階にいるようです。

猫ハウスやむっく君専用の通り穴もあったよ。

ちなみに、お手洗いも2階にあります(人間用のね)。

f:id:mikerepo:20160922165205j:plain

社交的な性格のようで、同居人が指を出すとクンクン。

顔を撫でられると、うっとり。

でも、体はちょっと苦手みたいで、猫パンチを繰り出す!ので注意だよ。

人懐っこいけど、どこか野性味もあり、10歳とは思えないほど元気だったにゃ。

f:id:mikerepo:20160922165206j:plain

2階の窓からしっかりパトロール中。

窓ガラスがないことにビビる同居人を気にも留めず、堂々としているにゃ。

 

【まとめ】

女性の店長さん一人で営業されているようです。

明るく、優しい雰囲気の方だったよ。

一人でふらっと行くもよし、猫好きさんたちと行くもよし。

お店が忙しくないときは、店長さんと猫談義もできるかもです。

 

 

ねこレポート19「京都・伏見稲荷大社のねこ」

外国人が選ぶ日本の観光地No.1の伏見稲荷大社に行ってきたにゃ。

猫が多いことでもよく知られているよ。

f:id:mikerepo:20160611205132j:plain

【場所】

JR奈良線稲荷駅」より徒歩すぐ。
京阪本線伏見稲荷駅」徒歩5分。

f:id:mikerepo:20160611205140j:plain

千本鳥居が有名で、その景色はまさに圧巻!

ふと、鳥居と鳥居の間に気配を感じると・・・

f:id:mikerepo:20160611205137j:plain

切り株に鎮座したねこさんを発見。

f:id:mikerepo:20160611205139j:plain

せっかくなので、逆方向に回り込んでみたよ。

じっと行き交う人たちを見ている姿は、まるで狛猫のよう。

f:id:mikerepo:20160611205138j:plain

外側から眺める鳥居は、内側と表情が違って新鮮。

 

この日は残念ながら1匹のねこにしか出会えず。

2年ほど前に同居人が伏見稲荷大社に行ったときには、10匹ほどのねこたちがいたそう。

お世話をしている人ともお話しをしたけど、月日が経って状況が変化したのかもしれないにゃ。

少し寂しいので、2014年9月の写真をどうぞ。

f:id:mikerepo:20160611205134j:plain

逃げ出すそぶりもなく、人に慣れている子猫。

f:id:mikerepo:20160611205136j:plain

この場所には数匹のねこたちがいて、じゃれ合ってました。

f:id:mikerepo:20160611205133j:plain

ここのボスねこ?

落ち着いた雰囲気のねこさん、観光客の様子を高見の見物中。

 

いつもの場所で、いつものように出会えるとは限らないのがねこ。

でも、だからこそ見つけたときの嬉しさはより大きい。

また伏見稲荷大社のねこたちに出会えますように・・・。

 

 

 

 

 

ねこレポート18「滋賀・豊公園のねこ」

ミケです。最近、同居人が忙しくてなかなかレポートをアップできなかったにゃ。

ミケのつたないレポートを読んでくれている方、いつもありがとうにゃ。

今夜は、同居人が出張で滋賀県の長浜に行ったときに出会ったねこたちを紹介するよ。

ちなみに急遽だったので、今回はスマートフォンのカメラでの撮影です。

 

初めて行く場所に広い公園があると、どうしても寄ってしまう同居人。

地域猫やソトネコが暮していることが多いからだそう。

今回は、長浜駅から徒歩5分にある「豊公園」に行ってみたよ。

長浜城天守閣を模した長浜城歴史博物館や庭園などがある総合公園です。

ちなみに、お猿さんもいるよ。

f:id:mikerepo:20160518211659j:plain

豊臣秀吉公の居城・長浜城本丸跡にて出会ったねこさん。

下の子猫たちの母親のようで、人間が入ってこれない場所でしっかりと守ってたよ。

f:id:mikerepo:20160518211701j:plain

二匹の子猫。無邪気にじゃれ合って遊んでました。

 

琵琶湖の方に歩いて行くと、怪しげなベンチが・・・

近付いていくと、か細い声で「ニャー」と呼んできました。

f:id:mikerepo:20160518211702j:plain

いました。

f:id:mikerepo:20160518205807j:plain

なかなか凛々しい表情。まだ子猫のようです。

警戒心が全くなく、撫でる同居人。

f:id:mikerepo:20160518205859j:plain

クネクネしてきました。

お腹を撫でてもウェルカムな様子。さらに撫でる同居人。

f:id:mikerepo:20160518205826j:plain

猫のひらきができました。

去勢されていなかったので、オスと判明。

f:id:mikerepo:20160518211705j:plain

しばらくマッサージすると、最後には気持ちよく眠りにつきました。

 

豊公園のねこたちは痩せておらず、またとっても人懐っこいので、きっと誰かが世話をしてくれているのだと思う。

豊公園は「日本さくら名所100選」に選ばれるほどの桜の名所で、約700本のソメイヨシノ長浜城天守閣を囲むように咲くそう。

今度は、桜の季節に行ってみたいと思った同居人でした。

 

 

ねこレポート17「三宮・気ままなイタリアン チャーリー」

最近のお気に入りのおもちゃは、同居人が作ってくれた「毛玉ボール」のミケです。

換毛期なので、ブラッシングをするとたくさんの毛が・・・

それを丸めて作ったものが毛玉ボールにゃ!

咥えられるサイズなのが、ツボ。

 

さて。今夜は、初めて兵庫県のねこレポートだよ。

可愛い看板猫のいるお店「気ままなイタリアン チャーリーさん」を紹介していきます。

 

【場所】

兵庫県神戸市中央区中山手通1-13-14 マザーズ北野坂 1F

大通りの北野坂より2筋西へ。細い路地裏を直進した左手にあるよ。

猫の看板が出ているので、遠くからもわかりやすい。

お休みが不定なので、お店のHPを確認してね。

 

【お店のドア】

f:id:mikerepo:20160517164417j:plain

「出勤中」の文字に、ドキドキします。

 

【店内】

f:id:mikerepo:20160517164408j:plain

バーということで、お酒がたくさん並んでいるよ。

でも、それ以上に気になるのがそっと置かれた猫型の缶。

中身は何だろう??

 

【注文】

同居人は大好きなイタリアンということで、悩みに悩んだオーダー。

f:id:mikerepo:20160517164415j:plain

えびとカボチャのドリア(1000円)+ウーロン茶

歯ごたえのよいえびに、ほっくりしたカボチャ。

濃すぎない味付けがちょうどよく、何だか安心する感じ。

 

【クーポン】

お得なクーポンがいくつかあるので、要チェックです。

同居人は「猫好きクーポン」を選択して、ミケの写真を見せたらしいよ。

猫と同居している方は、恥ずかしがらずマスターに声をかけてみよう。

f:id:mikerepo:20160517164416j:plain

サービスのデザート。甘すぎない大人なお味。

 

【看板猫さん】

f:id:mikerepo:20160517164413j:plain

チャーリーちゃん(4歳)

雑誌「ねこ」の「神戸のねこ」にも登場しているよ。

このキラキラしたまん丸の目がなんとも愛らしい。

さずが人に慣れていて、撫でても受け入れてくれてます。

f:id:mikerepo:20160517164409j:plain

ご飯も一緒に食べるよ。

店内を自由に歩き、お客さんのところに行ったり、ご飯食べたり、いつの間にか死角の椅子でお昼寝していたり。

気ままなチャーリーです。

 

【まとめ】

路地裏の隠れ家イタリアン・バー。

マスターひとりでお店を切り盛りされていています。

バーだけどお値段リーズナブルで、同居人のようにお酒が飲めない人でもカフェのような感覚で行けるお店だよ。

チャーリーちゃん、同居人が近寄ると、マスターのほうをじっと見てました。

マスターへの愛情が伝わってきて、なんだか微笑ましかったにゃ。

 

 

 

 

ねこレポート16「京都・Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House」

今回のねこレポートは「Kyoto 生 Chocolat Organic Tea Houseさん」。

生チョコレートが有名で、看板猫&看板犬がいるにゃ。

 

【場所】

京都市営地下鉄東西線東山駅」より徒歩15分。

平安神宮の東です。

民家が建ち並ぶ一角に、ひっそりと佇んでいるよ。

 

【店内】

f:id:mikerepo:20160514221808j:plain

お店に入って左側の縁側。早速、看板猫さんが出迎えてくれたよ。

ぽかぽかと暖かく、猫さんもまどろみ中。

f:id:mikerepo:20160514231511j:plain

「町屋と猫」は、とっても和む組合せ。

入り口で靴を脱いで、上がります。この辺りに、看板犬ジャツキー君がいてます。

ビッグサイズで驚くけど、穏やかです。

店内は全体的に和のテイストでまとめられいて、奥様のシェリーさんも着物姿。

縁側の隅には蚊取り線香が炊かれていて、どこか懐かしさを感じたり。

 

【メニュウ】

オーガニックのものが多く、厳選された素材を使っていることがこだわりとして感じられます。

 

【サービス】

f:id:mikerepo:20160515204911j:plain

最初に、試食として生チョコレートをひとついただけます。

開店して何年も経っているのに、「お店の看板商品を知ってもらいたい」という初心を忘れないサービスに、生チョコレートへの熱い想いを感じます。

濃厚で、じっくりと少しずつ味わいます。

 

【注文】

f:id:mikerepo:20160514221809j:plain

ケーキとドリンクのセット(1200円)

チョコレートケーキとオーガニック紅茶を選択。

こちらのお店のチョコレートは甘すぎず、繊細な味を楽しみたい方におススメです。

中央のいちごにはローズマリーが添えられていて、いいアクセントになっているよ。

 

【看板猫さん】

f:id:mikerepo:20160514231509j:plain

ミャオミャオちゃん(12歳)

大人しく、撫でると気持ち良さそうで、「ゴロン」したりもするよ。

マイペースで、店内を自由に闊歩してます。

f:id:mikerepo:20160514221810j:plain

お腹が空くと、催促に行って・・・

f:id:mikerepo:20160514221811j:plain

カリカリをゲット。

何気にカリカリの容器とお皿が素敵。

f:id:mikerepo:20160514231512j:plain

お腹が満たされたら、物思いに耽ってみたり。

f:id:mikerepo:20160514231513j:plain姿が消えた!と思ったら、蹲でお水を飲んでたり。

 

【まとめ】

看板猫のミャオミャオちゃんはマイペースなようでいて、お客さんのテーブルを順番に回る接客上手な面も。

そして、シェリーさんの「日本らしいおもてなし」にはあたたかさを感じる。

落ち着いた雰囲気と時間が流れるこの町屋は、ひとりでも訪れやすい。

ほっこりしたいとき、優しい口どけのこの生チョコレートをゆっくりと味わいたい。

 

 

 

ねこレポート15「滋賀・長等のねこ2」

昨日に引き続き、滋賀県大津市・長等の猫を紹介するにゃ。

地域猫がたくさんいるこの場所は、人に慣れた猫もいるよ。

何やら「ニャー」という鳴き声が後ろのほうからしたので、行ってみた。

 

f:id:mikerepo:20160508221159j:plain

ピンクの肉球がさそってきます。むっちりした猫さん。

f:id:mikerepo:20160508221200j:plain

さらに、「カモン!!」とさそってきます。

f:id:mikerepo:20160508221201j:plain

ふと、我に返りました。

f:id:mikerepo:20160508221202j:plain

スタスタ歩く猫さん。そのツンデレ具合が猫です。

f:id:mikerepo:20160508221209j:plain

突如歩みを止め、嫌そうな表情を見せると思ったら・・・

f:id:mikerepo:20160508221204j:plain

右からひょっこりやって来た猫に、猛烈に威嚇。

f:id:mikerepo:20160508221205j:plain

ごっつんこ。

f:id:mikerepo:20160508221206j:plain

そして、鼻チュウ。猫同士のご挨拶。

f:id:mikerepo:20160508221207j:plain

どうやら右の猫のほうが優勢のようです。

f:id:mikerepo:20160508221208j:plain

しかし、最終的に固まったまま動かない白茶猫の勝ち!?

f:id:mikerepo:20160508221203j:plain

「ふっ、勝ったぜ」

 

こんな猫同士のやりとりも多く見られるよ。

ミケは一匹だから、ごっつんこ一度やってみたいにゃ。

あ、でも毎朝同居人とごっつんこしてた・・・。

同居人が顔を洗ったら、スリスリして臭いをつけるんだよ。