ミケの「今日のレポートこれにゃ!」

三毛猫と同居人が関西の猫情報をお届けします。

ねこレポート49「大阪・ダイヤメゾン」

暖かい日が続いていますね。

今日のねこレポートは、久しぶりに大阪に焦点を当てて、看板猫のいるお店を紹介したいと思います!

それは、南堀江にある「飲食店+アルミ製品(ダイヤ印)+いろんな雑貨」の「ダイヤメゾン」です♪

 

【場所】

〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江4丁目10−5 石村ビル2F

大阪市営地下鉄千日前線西長堀駅」より徒歩約6分。

阪神なんば線「桜川駅」より徒歩約6分。

 

【お店の情報】

・定休日:水曜・木曜

※その他、休みの日もあるようですので、営業状況はSNSで確認をして下さいね。

FacebookTwitter

・営業時間:12:00~20:00(L.O19:00)

※日曜・月曜はモーニング営業あり(9:00~11:00)

閉店は、18:00(L.O.17:00)と通常よりも早いです!

・電話番号: 06-6575-9772

 

【概観】

f:id:mikerepo:20180502115058j:plain

お店は日吉公園の前にあります。

f:id:mikerepo:20180502115035j:plain

2階へと続く階段を上ると、左側に入り口のドアがあるよ。「CAT」の文字に心が躍ります!

 

【お店の雰囲気】

f:id:mikerepo:20180502115403j:plain

ドアを開けると、まずは雑貨の販売スペースがありますよ。飲食スペースとは空間が区切られているので、雑貨だけ見たい!という人も入りやすいです。

f:id:mikerepo:20180502115349j:plain

アルミ製品を中心に、食器類や日用雑貨が揃ってます。日々の暮らしの中に、すっと溶け込むアイテムたち。 店内を奥に進むと、飲食スペースがあります。

f:id:mikerepo:20180502120520j:plain

こちらは「大同電鍋」なるもの。初めて見ました!蒸気の力で蒸す、炊く、煮込むを行う調理器。台湾の老舗メーカーの商品です。カラフルな色合いと、ころんとしたフォルムが愛らしく、どこかノスタルジックな雰囲気も。

f:id:mikerepo:20180502114816j:plain

 窓からは目の前の公園が臨めるので、開放感があります。

f:id:mikerepo:20180502121051j:plain

おやっ!おや、おや。厨房に入ろうとしているこの後ろ姿のもふもふは・・・。

 

【注文】

f:id:mikerepo:20180502120743j:plain

台湾式炒麺+大根スープ(950円)

お店のコンセプトが「おいしいお野菜をたくさん食べたい」というだけあって、野菜のヘルシーメニュー。お肉がほしい!という方のために、お肉の追加オーダーもあるのが嬉しいところ。

料理の味付けはシンプルで、素材の味を存分に生かした調理法。ベジタリアンの方や健康に気をつかっている方にもお勧めのお店です★

f:id:mikerepo:20180502120715j:plain

ドリンクには、珍しい「はすのお茶」もありました。若干薬草感はありますが、マイルドで飲みやすいお味。

 

【看板猫さん】

f:id:mikerepo:20180502121248j:plain

猫店長さびちゃん(1歳)

サビ柄の猫さん。店内にはキャットタワーや寝床などさびちゃん仕様になってます★f:id:mikerepo:20180502121105j:plain

 自由に歩き回っているにもかかわらず、物を落としたりしないのが不思議。

 

【さびちゃんのお願いごと】

f:id:mikerepo:20180502121234j:plain

丸くなって、暖かい場所でお休み中のさびちゃんZzzz~(ヒーターの傍の特等席はさびちゃん用)

f:id:mikerepo:20180502120506j:plain

さびちゃんに関するお願いがあるので、行ってみようと思う人は読んでね。

土日やランチの時間帯は混雑していて、さびちゃんは高い場所に避難していることが多いようです。

さびちゃんと触れ合いたい場合は、お客さんが少ない夕方~夜がお勧めですよ!

 

【まとめ】

自宅近くにあったら、常連になっていただろうと思うお店。単純に料理の味が好みで、また食べたいなーと思うのです(たぶん、濃い味付けが好みの方やボリューム重視の方にとっては物足りないと思います)。

お客さんは、20代~30代の女性が中心という印象。

f:id:mikerepo:20180502121029j:plain

さびちゃん、寝ていることが多かったので、今度は元気な時間帯に行ってみたいにゃ。

ねこレポート48「京都・Neko Cafe TiME」

今日で4月も終わりですね。

春にもかかわらず、夏日があったりと暑い日が多かったこの4月。今年の夏はどのくらい暑くなるのか、今から不安な同居人です・・・。

猫も熱中症にかかるようなので、室内の温度には要注意!

 

「GWは京都に旅行」という方もいるのではないでしょうか。

今日のねこレポートは、京都の人気スポット伏見稲荷大社からすぐにある猫カフェNeko Cafe TiME」をお届けします!

同じエリアには、前回のレポートでご紹介した「Cafeゆるり」があるよ。

mikerepo.hatenablog.jp

【場所】

〒612-0012 京都府京都市伏見区深草一ノ坪町12-2久安ビル2階

京阪本線伏見稲荷駅」より徒歩約1分。

JR奈良線稲荷駅」より徒歩約2分。

 

【お店の情報】

・年中無休

・営業時間:10:30~18:30(L.O18:00)

・電話番号:090-9861-0786

 

【概観】

f:id:mikerepo:20180409100044j:plain

 京阪本線伏見稲荷駅」から歩いてすぐの好立地にあるよ。

線路を渡って、すぐそこ!

f:id:mikerepo:20180409100049j:plain

 お店はビルの2階です。伏見稲荷大社が外国の方に人気で、お店も英語対応OKのようです。実際、外国の方もお客さんにいました。

f:id:mikerepo:20180409100045j:plain

 階段を上って、右手に入り口があります☆

 

【受付】

お店のドアを開けると、まず靴を脱いでスリッパに履き替えます。

このエリアは待ち合いスペースで、猫たちはいません。

店内が混雑している時は、ここで順番が来るまで待ちます。

お手洗いと洗面所があるので、先に済ませて準備をしておこう!

猫たちのいるお部屋に入れるようになったら、スタッフの方がドアを開けてくれます。

手の消毒をしたら、受付へ。

料金は前払いですが、店内が混んでいる時は後払いになりますよ。

f:id:mikerepo:20180409100055j:plain

ゆず君「どうもいらっしゃいませー。もふもふ滞在時間を教えて下さいにゃ」

 

【注文】

700円(20分)/1300円(60分)/2000円(120分)

いずれのコースもドリンクか、アイスクリームが一つセットでつきます。

数種類あるので、自分でどれにするか選べるよ。

※ドリンクやアイスクリームがなくてもOKな場合は、スタッフの方に伝えよう。上記の金額から100円引きになるよ。

 

【会員証】

f:id:mikerepo:20180409100051j:plain

お店の 会員証(スタンプカード)は100円で発行可能。この会員証、1パターンではなく上の写真のように数パターンあって自分で好みのスタンプカードを選ぶことができます。

これがまた、悩む・・・結局、猫たちと触れ合ってからどのスタンプカードにするか決めることに。スタッフさんにはその旨を伝えて、待ってもらうことにしました。

f:id:mikerepo:20180409100053j:plain

ゆず君(左)「はじめてのお客さまだねー。どの会員証にするのかにゃ」

あずきちゃん(右)「う~ん、そうねぇ(間違いなくわたしでしょ!うふふ)」

 

【お店の雰囲気】

f:id:mikerepo:20180409100046j:plain

猫たちがいるお部屋は、猫カフェの中では少し小さめのサイズ。

(お客さんの人数が多いと、人が動き回るのは難しいです)

その分、猫たちの空間を確保するために天井にキャットウォークを設置したりと、上下運動ができる工夫が随所にされていたよ。

猫のおもちゃは自由に使ってOKです!

また、スマホなどの充電機器もそろってます。

 

【猫たち】

 お店には、10匹以上の猫たちがいるよ。何匹かを紹介していくにゃ。

f:id:mikerepo:20180409100056j:plain

①ぼぶ店長

「Neko Cafe TiME」の店長。かなり無防備にお昼寝中Zzz~

f:id:mikerepo:20180409100057j:plain

 キレイなハチワレ模様。起きているときは、キリッとしている店長。

f:id:mikerepo:20180409100101j:plain

②トトロ君

ボブ店長のBOXを独り占めする自由気ままな最年少キャット。

※ちなみに、冷たいドリンクはこちらのラインナップです。

f:id:mikerepo:20180409100100j:plain

「密かに」ではなく「確実に」、2代目店長の座を狙っている・・・

カメラを向けると、表情も凛々しくキメてくれるのだった。

f:id:mikerepo:20180409100058j:plain

③みかんちゃん

少し怖がりの性格の長毛の三毛猫さん。お気に入りのキャットタワーにいるときは、触らずそっとしておいて下さいとのことです。

f:id:mikerepo:20180409100054j:plain

このBOXは人気ですね~。みかんちゃんはボブ店長と一緒で安心感MAX(1匹でいるときと、表情が全然違う・・・)。ボブ店長はすみっこに追いやらても、のんびりしている心の広さ。

f:id:mikerepo:20180409100102j:plain

 ④あずきちゃん

自分の可愛さを自覚しているのかと疑いたくなるようなアイドル系猫さん。

愁いを帯びた表情に、ぷっくりしたマズルに魅了されます。

f:id:mikerepo:20180409100103j:plain

アイドルにスポットライトは必須!とでも言うかのように、太陽の光を享受するあずきちゃん

f:id:mikerepo:20180409100104j:plain

 ⑤きなこちゃん

「はぁ~」と声が聞こえてきそうなとろけた顔でまったり。

ホットドリンクの棚の上で、そのあたたかさを堪能中。

(きっと、もうこの棚は撤収されているはず・・・)

f:id:mikerepo:20180409100107j:plain

⑥ライ君

お腹も!肉球も!惜しげもなく披露してくれる寝相に拍手を送りたい。

 

【まとめ】

お客さんは、老若男女問わず幅広い印象。

猫カフェと言うと女性が多いイメージがあるかもしれませんが、大学生くらいの男子グループや常連さんらしき年配の男性など男性のお客さんも多かったです。

時間帯によっては混んでいるので、猫とゆっくり過ごしたい場合は開店後すぐがお勧めです。

猫たちと遊ぶときは、あまりスペースがないので遊び方を少し考える必要があるかもしれません。

この辺りはスタッフさんに聞いてみると、アドバイスがもらえるはず☆

 

【おまけ】

f:id:mikerepo:20180409100109j:plain

あずきちゃん、消えたと思ったら頭上のキャットウォークへ・・・

f:id:mikerepo:20180409100110j:plain

目的地は、ライ君が眠っているキャットタワーでした。

f:id:mikerepo:20180409100111j:plain

眠っているライ君にスリスリ・・・何だか切ない表情のあずきちゃん

これは恋する乙女、そのもの(たぶん)。

 

【ポイントカード】

f:id:mikerepo:20180409100048j:plain

猫たちと触れ合い、人見知りのみかんちゃんのポイントカードに決定!

会うたび、少しずつその距離が近くなるといいにゃ。

ねこレポート47「京都・Cafeゆるりの看板猫」

前回の記事から早3ヶ月が経過しました・・・季節はもう春です。

猫たちにとっては換毛期。

人間にとっては眠りが心地よい時期。

特に朝が暖かくなり、いつまでも眠っていたいと思うもの。

 

今回は、そんな朝に早起きをしてでも行ってみたいお店「Cafeゆるり」を紹介していきます!

京都の伏見稲荷大社の近くにあるカフェで、7時半~9時までのモーニングをめがけて行ってきたにゃ。

 

【場所】

〒612-0889 京都市伏見区深草直違橋11丁目124-2

京阪本線深草駅」より徒歩約3分。
JR奈良線稲荷駅」より徒歩約3分。

 

【お店の情報】

定休日:毎週金曜日・第3土曜日/毎週土曜日のモーニング営業もお休み

※臨時休業もあるようなので、HPで確認したり、あらかじめお店に問合せた方が無難。

営業時間 :

7:30~9:00(土曜日はお休み)
11:30~18:00(月曜日~木曜日、土曜日)
12:30~18:00(日曜日)

問合せ先:yururi@kjb.biglobe.ne.jp

※電話はないようですので、メールでの問合せになります。

駐車場:なし

支払い:現金のみ

喫煙:全席禁煙

その他:Wi-fi利用可能

 

【概観】

観光客で賑わう伏見稲荷大社から少し離れた場所にあり、とても静かです☆

f:id:mikerepo:20180326142215j:plain

お店の入り口には、2匹の猫の写真が!会えるかな?とワクワク。

f:id:mikerepo:20180326142214j:plain

 モーニングのメニューです。朝からしっかりと食べたい人用に、カレーもスタンバイ。

 

【注文】

f:id:mikerepo:20180326142221j:plain

モーニングパンメニュー(400円)

軽く朝食を摂りたい人にちょうど良い量です。セットのブレンドコーヒーは少し酸味が強めで、スッキリと飲みやすいお味。

 

【看板猫さん】

2匹の猫さん、普段は2階の居住スペースで過ごしていて、気が向いたら1階の店舗スペースに下りてくるというスタイルです。

お店では、モーニングと15時以降のカフェタイムに猫たちを1階に解放しているそうですが、必ず1階にいて会えるわけではないので注意してにゃ。

ちなみに、モーニングの方が会える確率は高そうです!

それでは、2匹の猫さんの紹介をしていくにゃ。

f:id:mikerepo:20180326142217j:plain

①ゆーちゃん(5歳)

ストーブの横でうつらうつらと眠そうにしていたが、新参者を見た途端に警戒度が一気に高まる。オーナーさん曰く、かなりの人見知りなのだそう。じーっとこちらをうかがっているにゃ。保護猫さんのようで、耳カットもあります。

f:id:mikerepo:20180326142224j:plain

 少しずつ、ゆーちゃんとの距離をつめます・・・見れば見るほど美人さん。ちなみに、一眼レフなどの大きなカメラはレンズが恐いようで、なかなか写真が撮れないとのことです。携帯はOK!今回は奇跡的に近付いて撮らせてもらえましたにゃ。でも、まだ警戒している様子で、逃げる準備は万端のゆーちゃん。

f:id:mikerepo:20180326142231j:plain

 人見知りと言っても、常連さんにはベタベタ、ゴロゴロ・・・この変貌ぶりがたまりません!女性よりも男性の方が好みなゆーちゃんです。ガリガリサークルのふちに、あごをのせて上目遣いでこちらを見てくる姿にドキドキする同居人☆

モーニングを食べていると、2階からもう1匹の猫さんが下りてきて会えたよ。

f:id:mikerepo:20180326142237j:plain

②るりっぺ(3歳)

こちらの猫さんは、長いもふもふの毛の黒猫さん。やおら、ガリガリサークルに立ちあがるるりっぺ。
f:id:mikerepo:20180326142236j:plain

朝から爪の手入れがかかせないのにゃ!(ガリガリ・・・)

f:id:mikerepo:20180326142223j:plain

爪のお手入れの後は、特等席で鳥さんがやって来るのを待ち伏せ中。

f:id:mikerepo:20180326142222j:plain

るりっぺは、そっと近付くと体を撫でることもできるよ。

 

【まとめ】

地元密着のカフェで、常連さんの多いお店です。観光客は少なく、お客さんは老若男女問わず。一人でも、カップルでも、ご家族でも入りやすい雰囲気。

オーナーさんは女性で、一人でお店を切り盛りされているようです。気さくな方なので、忙しくないようであれば猫たちのことなどお話しもできそう☆ 

f:id:mikerepo:20180326142239j:plain

 なぜか、ずっとカメラ目線のゆーちゃん。人見知りながらも、堂々としたその佇まいが素敵ですにゃ。

ねこレポート46「滋賀・viviNobaの看板猫3」

新年明けましておめでとうございます。

2018年最初のねこレポートは、滋賀県瀬田エリアにあるカフェ「viviNoba(ビビノバ)」です。

こちらのカフェは昨年にもお伝えしていますので、よかったら下記のレポートもぜひ併せて読んでみて下さいにゃ。

 今回は、viviNobaでの続編になります!

 

【場所】

〒520-2142 滋賀県大津市玉野浦5−22

①JR「石山」駅より徒歩約20分。

②京阪「京阪石山」駅より徒歩約20分。

※定休日は木曜日です。

 ※営業時間などは変更することがありますので、インスタグラムでの確認をお勧めしますよ!

 

【店内】

お店の入り口に貼紙があるので、読んでから入ってね。入り口付近に猫たちがいるため、お店のドアは施錠されているよ。インターフォンを鳴らすと、店主が開けてくれます。

f:id:mikerepo:20171227155326j:plain

店内の照明は暗めで、入り口横にある窓から差し込む自然光が心地よい空間になっているよ。そして、ここはいつも猫たちのお気に入りスポットなのにゃ。

 

【注文】

f:id:mikerepo:20171227155327j:plain

ケーキセット:ベイクドチーズ+ホットチャイ(850円)

気づいたら、前回と同じ内容の組合せでオーダーしてました・・・やっぱりどうしてもチャイが飲みたくなるのです。寒い時期は、特に。ほっこりとします。

f:id:mikerepo:20171227155328j:plain

そして、viviNovaには「チャイ君」がいるから★

 

【看板猫さん】

 今回、viviNovaを再訪したのは、新しい猫さんがメンバーに加わったと知ったためです。

それが、こちらの猫さんです。

f:id:mikerepo:20171227155329j:plain

アトム君(生後数ヶ月)

保護猫さん。当初は里親さんを探す予定だったようですが、お店の猫さんとして迎えられたとのことです。

白黒で、名前の由来は前髪が鉄腕アトムに似ていたからかな??

f:id:mikerepo:20171227155330j:plain

すっかりviviNovaの猫として、お店に馴染んでいます!

何の違和感もありません。むしろ人懐っこく、やんちゃな感じ。

f:id:mikerepo:20171227155331j:plain

特等席のカゴもひとり占めもしちゃいます。

そして・・・この日はもう一匹猫さんがいました。

f:id:mikerepo:20171227155332j:plain

猫田さん(仮名)

この白茶の猫さん、実は迷い猫とのこと。首輪もしていて、人にも非常に慣れているので飼主さんがいるはず。しかし、数ヶ月経っても現れず・・・

そのため、今月中には里親トライアルの予定になっているようです。保護猫活動もされていますので、里親に興味がある人はインスタグラムを見てにゃ。

f:id:mikerepo:20171227155333j:plain

「ボクのおうちはどこ?」

 

【今日の猫たち。デジャブ!?編】

f:id:mikerepo:20171227155334j:plain

突然、3匹の猫たちが行列をなして歩き出したにゃ!

(ノア君→猫田さん→アトム君)

f:id:mikerepo:20171227155335j:plain

あれっ!?先頭はノア君だったはずが、いつの間にか一番後ろに。

これは先輩ノア君の優しさかな。猫田さん、仮住まいにもかかわらず、グイグイいくタイプのようです!

f:id:mikerepo:20171227155339j:plain

窓辺に集合する3にゃん(全員男子)。

ここでも猫田さん、センターをがっつりとキープ!

f:id:mikerepo:20171227155338j:plain

猫たちが集まった目的は、お外の黒猫さんとのコミュニケーションでした。

f:id:mikerepo:20171227155336j:plain

この光景、既視感(デジャブ)・・・

ビビ君と同じことをするアトム君に、思わず笑ってしまったにゃ。

この日、ビビ君とは少ししか出会えず、ちょっと寂しかった><

 

日々、進化・変化を遂げるviviNovaに、これからも目が離せません。

ねこレポート45「神戸・アンティーク・カフェねこ室 神戸北野研究所(アンティークアナスタシア)」

2017年最後のねこレポートは、数年前から気になっていた場所をご紹介します!

それは、所在地不明の「ねこ室 神戸北野研究所(アンティークアナスタシア)」。

猫カフェなのか、アンティークショップにある猫ルームなのか、猫の研究所なのか、はたまた・・・

お店のHPを見ても、その謎は深まるばかり。想像、いや妄想がふくらみます。

予約必須、所在地極秘のため、なかなか行くことができませんでしたが、ようやく勇気を持って未知なる場所に足を踏み入れましたので、今回レポートしたいと思います。

 

【場所】

神戸の異人館街(神戸市中央区北野町)

※詳しい場所は極秘で、非公開。

各線「新神戸」駅、JR「元町」駅・「三ノ宮」駅、神戸市営地下鉄西神・山手線「県庁前」駅から各徒歩20分程度。

【お店の情報】

定休日:不定休

営業時間 :12:00頃~23:00頃

電話番号 :078-855-2502

駐車場:なし

※前日までに予約が必須!予約の際に、待ち合わせ場所を教えていただいて、オーナーさん(男性)が迎えに来てくれるスタイルです。

 

【利用案内】

・時間無制限

・飲食物の持ち込みOK

・猫のおもちゃ・おやつの持込みOK

・猫のだっこOK

・子どもの利用OK

※特に禁止事項などはありませんでした。

※スリッパはありましたが、床がフローリングのため靴下はあった方がよいと思います。

 

【お店の雰囲気】

f:id:mikerepo:20171226083637j:plain

本業はアンティークショップということで、部屋には関連書籍や商品などが陳列されているよ。

お店と言うよりは、書斎のような雰囲気です。

オーナーさんは、こちらのデスクでお仕事をされたり、別室にいらっしゃったりします。

とても気さくな方で、猫のことや周囲の情報を教えていただいたり、屋上の神戸の展望を見せていただいたりしました。

 

【注文】

f:id:mikerepo:20171226083639j:plain

大人一人1620円。ワンドリンク付き(コーヒー、紅茶、日本茶中国茶など)。

※高校生以下 700円、就学前乳幼児 100円。

ドリンクがポットで出てくるため、たくさん飲めますよ。

使われている食器も雰囲気があります。

 

【猫たち】

こちらの猫さんたちは、 見知らぬ人がやって来ても臆することなく、むしろ興味津々で近付いてくるほど人懐っこいよ。

撫でてみると、ゴロゴロと喉を鳴らして気持ち良さそうにするほど。

床に座っていると、なぜか回りに寄ってきます。

こういう猫さんたちはなかなかないので、大変珍しいですね~。

ちなみに、総勢何にゃんいるのかは定かではありません。

f:id:mikerepo:20171226083654j:plain

①皐(さつき)ちゃん

 一番若い猫さん。猫じゃらしで遊んでもらうのが大好きなようです。

f:id:mikerepo:20171226083652j:plain

「遊んでにゃー」と、お気に入りの猫じゃらしをくわえて持ってくるほど。
白と黒のコントラストがキレイ☆

f:id:mikerepo:20171226083651j:plain

今度は、目で「遊ぼう♪」と訴えかける皐ちゃん。

一番小柄な猫さんですが、動きは俊敏です!床がフローリングなので、遊ぶときはお互いに滑らないようにちょっと気をつけてくださいね。

そして、皐ちゃんの爪はものすごく尖っています!

一緒に遊ぶときは、怪我覚悟で絆創膏持参をお勧めします(かなり気をつけていたにもかかわらず、同居人もひっかかれました><)

f:id:mikerepo:20171226083648j:plain

②弥生(やよい)ちゃん

 緑色の目が美しいキジトラ猫さん。この椅子は、猫たちに大人気。

f:id:mikerepo:20171226083649j:plain

 「わたしと一緒にお茶でもどお?」と誘ってきます。

f:id:mikerepo:20171226083647j:plain

③迪彦(みちひこ)君

上の方で何やら音がする!?と思ったら・・・いた。

ちょっと人見知り。でも、人が嫌いなわけではないよう。

この後、器用に窓辺をつたって下まで降りてきました。

f:id:mikerepo:20171226083645j:plain

④喜宣(よしのぶ)君

白黒のハチワレ猫さん。白ソックスに、ベスト着用の凛々しい紳士。

f:id:mikerepo:20171226083646j:plain

⑤澄雄(すみお)君

驚きのビッグサイズキャット!!7kgだったかな、確か。

その姿は、まるで銅像のようです。

f:id:mikerepo:20171226083644j:plain

⑥ぐみちゃん

実はこの子が一番懐っこく、しばらく膝の上を陣取ってました。

でも、膝から降りると別の部屋へ・・・このツンデレ具合に翻弄れ、後ろ姿しか撮影できず!

 

【猫たちのお昼寝】

オーナーさんがおもむろに大きめのクッションを持ってきて、床に置くと・・・

f:id:mikerepo:20171226083641j:plain

1匹、2匹と猫たちが吸い寄せられていきます。

ここでも、ぐみちゃんは顔出しNG(がーん)。

f:id:mikerepo:20171226083643j:plain

しばらくすると、また増えています!

f:id:mikerepo:20171226083642j:plain

みんなで仲良く午後のお昼寝タイムZzzz///

何とも平和な光景。しばらく同じように、ぼーっとしていました。

 

【神戸の展望】

f:id:mikerepo:20171226083638j:plain

こちらは、屋上からの眺めです。晴れた澄んだ日には、もっと遠くまで見ることができるそう。

 

【まとめ】

ようやく足を踏み入れた未知のねこスポット。

今回は主に猫たちのいる部屋しか行きませんでしたが、他にも部屋があるようです。

まだまだ謎のある「ねこ室 神戸北野研究所」。

時間無制限で、食事の持込もOKなので長居するには最適な場所ですよ。

サンドイッチを持参しましたが、猫たちが狙って食べることはなかったです。

そして、猫たちのおやつも持参OKです。

f:id:mikerepo:20171226083640j:plain

大きなお皿が置いてあるので、ここに出してあげよう。

何分、人数が多いのでおやつも心持ち多めに持っていってね。

 

2017年のねこレポートはこれで最後です。

今年ものんびりペースでの紹介でしたが、読んで下さってありがとうございます。

2018年も引き続き、ねこレポートをお届けしますにゃ。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

ねこレポート44「大阪・猫カフェkonekoneko 2」

前回に引き続き、「konekoneko」の猫さんたちを紹介するにゃ。

 

【猫たち】

f:id:mikerepo:20171009163011j:plain

アメリカンショートヘアーの2匹。

ものすごく2匹が似ているため、名前が判別できませんでした。ごめんなさい ><

f:id:mikerepo:20171009163012j:plain

体が小さくて細い!なので、撫でるときも力を入れすぎず優しくね。

f:id:mikerepo:20171009163015j:plain

かくれんぼ中。そっと外の様子をうかがう。

f:id:mikerepo:20171009163013j:plain

もちろん、激しく遊ぶのも好き!猫ハウスにはおもちゃも置いてあるので、自由に使って猫たちとコミュニケーションをとってみてね。

f:id:mikerepo:20171009163016j:plain

十分に遊んだら、まったりタイムへ。それは、おはぎちゃん愛用の爪とぎの箱・・・。

ダンボールは他の猫たちにも人気のようで、取り合っていました。

 

【子猫】

f:id:mikerepo:20171009163019j:plain

前回、前振りをしていた猫ハウスの一角にあるこの暖炉。

ガラス張りになっていて・・・

f:id:mikerepo:20171009163018j:plain

中には、なんと!生まれたばかりの子猫が3匹!!!

まだ手のひらサイズという小ささ。みんなお休み中ですZzzz~

子猫たちは見学もできるようです。その場合は、事前に予約してくだいにゃ。

 

【スリッパと猫】

f:id:mikerepo:20171009163014j:plain同居人の脱いだスリッパに、顔をうずめて匂いをかぐ猫さん(小顔なので、スリッパの中に顔が入ります)。

f:id:mikerepo:20171009163006j:plain

その姿を見て、おもむろにやって来たみかんちゃん。もしやと思いましたが・・・

f:id:mikerepo:20171009163005j:plain

やっぱり同じように匂いをかぎますが、顔はスリッパに入りません!

それでも、何度か挑戦するみかんちゃんでした。

 

【まとめ】

f:id:mikerepo:20171009163010j:plain

とても素敵な猫ハウスで過ごす猫たち。

人にも慣れていて、撫でたり、一緒に遊んだりと積極的なかかわりが楽しめるよ。

また、部屋が広いので、カーペットにゴロンと横になることもできます。

猫ハウスの中にスタッフの方はいらっしゃらないので、こんなふうに気兼ねなく過ごすことができるのも魅力的な猫カフェです。

ねこレポート43「大阪・猫カフェkonekoneko 1」

お久しぶりです、ミケです。2017年も終わりに近付いていますね。

以前のねこレポートから4ヶ月あまり経過してしまい、いくつかレポートできていないねこスポットがあるにゃ。

今回は、ハロウィン時期に訪れた猫カフェについてお伝えしていきたいと思います☆

 

それは、大阪の高槻市にある「konekoneko」という生まれて間もない子猫に出会える希少な猫カフェです!

なぜ子猫に会えるかと言うと、そもそもこちらのお店、ブリーダーさんなのです。

子猫たちの出産情報などは、お店のブログを見てね。

もちろん、会いたい子猫がいれば予約の上会うことができ、販売もされています。

 

こちらの猫カフェ、駅からバスを利用するためアクセスはよくないのですが、時間をかけででも一度訪れてみる価値のある場所だと思います。

猫カフェをつくったオーナーさんの熱い思いが溢れる、おしゃれな猫ハウスがありますよ!!

 

【場所】

〒569-0824 大阪府高槻市川添2-1-3 川添デパート2F

阪急「富田」駅・「高槻市」駅、JR「摂津富田」駅・「高槻」駅から富田団地行きのバスに乗車し、「富田団地中央」下車。徒歩3分。

※帰りのバスはバス停の名前が異なり、「富田団地東」になるため注意して下さい。

お店を出て左方向に直進すると1分ほどでバス停があります。

お店でバスの時刻表を確認することができるので、必要な人は聞いてみよう。

 

【お店の情報】

定休日:木曜日

営業時間 :11:00~18:30( L.O17:30)

電話番号 : 072-668-2512

※予約不要

 

【注意事項】

・素足での入場はできないため、必ず靴下の持参をして下さい!

・小学生以下は入場できません。

・中高生は保護者同伴入場できます。

※その他の注意事項については、お店のHPで確認してね。

 

【受付の流れ】

f:id:mikerepo:20171009162957j:plain

受付カウンター

お店に入って右手に受付カウンターがあります。

アメリカのカフェのような内装で、細部にまでこだわりを感じる造りに感嘆!

f:id:mikerepo:20171013224843j:plain

同意・確認書とポイントカード

①最初にスタッフの方から注意事項の説明を受け、同意・確認書にサインをします。

右上はポイントカードです。10ポイントで1時間サービスとなります。

②料金は1時間1080円(ワンドリンク付)。30分延長ごとに300円。

ドリンクは種類が豊富なので、選ぶ楽しみもあるにゃ。

フタ付のカップに入れてもらえるため、衛生面もOK!

ドリンクはでき次第、スタッフの方が持って来てくれます。

③貴重品などの荷物はロッカーに入れ、スリッパに履き替えていざ猫ハウスへ!

④その前に手の消毒も。

⑤終了時間はカードを受け取り、自分で管理します。

 

【猫ハウスの概観】

f:id:mikerepo:20171009162958j:plain

猫ハウスへの入り口

少し前に訪問したため、この時期はハロウィン仕様の猫ハウスだったよ。

左側の赤いドアを開けると、そこはにゃんこの世界・・・

 

【猫ハウスの内装】

f:id:mikerepo:20171009162954j:plain

概観だけでなく、内装も可愛くこだわりを感じさせる仕上がり。

どこもかしこもフォトジェニックで、シャッターチャンスがたくさんあるよ。

右側の暖炉の中には・・・あとでお伝えするにゃ!(ちょっと引っぱります)

f:id:mikerepo:20171009162956j:plain

猫ハウスは猫たちが走り回ることができる十分な空間が確保されていて、それぞれにのんびりと過ごしています。

昼下がりにお邪魔したので猫たちはお昼寝モードだったけど、人がやって来たことで活発な遊びモードにチェンジ☆まだまだ遊んでほしい年頃のようです。

f:id:mikerepo:20171009162955j:plain

インテリアが素敵なんだよにゃー。このタイプの猫カフェは関西では貴重ではないでしょうか。

空間がゆったりしているのも、のんびりできていいです。

 

【猫たち】

毎日、すべての猫が猫ハウスにいるわけではないようです。

お休みしている子もいるので、気になる場合はお店に確認してみてね。

この日は5匹の猫たちと一緒に遊んだりしながら過ごしたよ。

f:id:mikerepo:20171009162959j:plain

①ラピスちゃん(ソマリ)

猫ハウスに入ると、人懐っこく出迎えてくれたよ。

f:id:mikerepo:20171009163000j:plain

美しい毛並みに、キレイな顔立ち☆おもちゃで遊ぶのも大好き!

f:id:mikerepo:20171009163001j:plain

十分に遊んだら、お昼寝タイムZzzz 肉球の弾力がすごい。

f:id:mikerepo:20171009163003j:plain

②みかんちゃん(チンチラ

お人形のようで、もふもふ具合が絶妙。

店員さん曰く、あまりこの場所から動かないそうです。

f:id:mikerepo:20171009163002j:plain

こちらは、お鼻の弾力がすごい。

f:id:mikerepo:20171009163007j:plain

③おはぎちゃん(セルカークレックス
どこからともなく音がする・・・?と思って見てみると、爪とぎ中。

しかもかなり真剣!一度終わったと思っても、また始まり、いつの間にか静かに。

どうしたのかと思って探してみると・・・

f:id:mikerepo:20171009163008j:plain

いた。やっぱり爪とぎの上にいた。

この場所は渡すものか!と強い意思を感じます。

そっとしておきました・・・

f:id:mikerepo:20171009163009j:plain

しばらく経ってから、もう一度のぞいてみる。すると、何ということか。

爪とぎのダンボールが箱から投げ出され、すっぼりとおさまっていらっしゃる!!

他の猫たちに奪われないよう、ちょっとガン飛ばしてます(笑)

 

他の猫たちは、次回のレポートで報告するにゃ。「konekoneko」の猫さん、続きもお楽しみに☆